Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のレッスン ホームへ戻る

まとめ

  • オブジェクトとは
    • オブジェクトは仮想的に作られた「もの」であり、現実にある物体とは違います。
  • カプセル化
    • オブジェクトの中にある情報を知るには、オブジェクトが手続きを知っていないと調べられないという考え方です。
  • ポリモルフィズム
    • 異なるオブジェクトに同じ手続きを使ったとしても、その手続きが期待したとおりの動きをしてくれることです。
  • ダックタイピング
    • どのようなクラスにオブジェクトが属しているかで考えるのではなく、オブジェクトの手続きを中心にして考えることです。
  • アイデンティティ
    • 直訳すると「自己同一性」です。オブジェクトが識別できるかということです。
  • 同値性
    • オブジェクトの値が同じならば真を返します。==メソッドやeql?メソッドを使うことによって、調べることができます。
  • 同一性
    • オブジェクトが同じならば真を返します。equal?メソッドを使うことによって、調べることができます。


次のレッスン ホームへ戻る