Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

後方参照

正規表現オブジェクトで()で囲んだパターンとマッチした文字列は、あとで取得することができます。このようにマッチした値を取り出すことを後方参照と呼びます。「$数字」の形でマッチした順番に取り出せます。

/(.)(.)(.)/ =~ "abc"
p $1
p $2
p $3
/(Ruby)/ =~ "Ruby"
p $1

マッチングをするごとに後方参照の値は変わります。もし後方参照で取り出したい値があった時は、次のマッチングをおこなう前に取り出しましょう。
なお、正規表現の中にコメントが書きたい時は、以下のようにして書くことができます。

str = "Ruby Regexp class is great!"
p str.sub(/Ruby(?# Regexp class is great!)/, "Oh!")


次のコンテンツ ホームへ戻る