Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

配列オブジェクトについて

一般的に配列とは、同じようなデータを連続で並べたものです。その同じような各データを配列の要素といい、それらにはインデックスが付けられています。プログラムを作成していると、同じようなデータが複数出てくることはよくあります。そのようなデータを配列でまとめて扱うことで、データの管理がしやすくなります。ただし、Rubyの配列オブジェクトは要素としてオブジェクトが入っているわけではありません。配列オブジェクトは同じようなオブジェクトが連続で並んでいるように見せているだけです。つまり配列オブジェクトの各要素には、どこにオブジェクトがあるのかを指し示す情報だけが入っています。オブジェクト自体はメモリのオブジェクト空間と呼ばれるところにあります。


次のコンテンツ ホームへ戻る