Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

繰り返しの制御

breakのようにループの動きを制御する方法が幾つかあります。

  • break
  • next
  • redo

break

breakは処理を中断してもっとも内側にあるループから脱出します。もしループが入れ子になっている時は、ループの数だけbreakを使わないと抜け出すことができません。

[1, 2, 3].each do |i|
  puts(i)
  break
end

next

nextは現在のループを中断して、次のループに入ります。

[1, 2, 3].each do |i|
  if i == 2
    next
  end
  p i
end

ifとnextを組み合わせることで、特定の条件が発生した際に現在のループの処理を中断して、次のループへ移動できました。

redo

redoは現在のループを同じブロック引数で、もう一度実行します。

[1, 2, 3].each do |i|
  p i
  if i == 3 then
    redo
  end
end


次のコンテンツ ホームへ戻る