Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

文字エンコーディング

プログラミングにおいて、文字はそれぞれ数値として管理されています。
文字エンコーディングとは、数値に対応する文字を特定するための変換表であり、世の中には複数の文字エンコーディングが存在します。
従って、あるプログラムが存在する場合、そのプログラムがどの文字エンコーディングによって記述されているかを正しく特定しないと、誤った変換表に基づいて数値を文字に変換してしまうため、いわゆる「文字化け」が発生します。
Rubyのインタプリタでは、プログラムがどの文字コードで書かれているのかを指定することで、そのプログラムの文字コードを特定します。
デフォルトではRubyのインタプリタは、ASCIIコードでプログラムは書かれていると解釈します。


次のコンテンツ ホームへ戻る