Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

Hello, Ruby!

これからRubyのプログラミングを始めていきます。まずRubyがパソコンの中にインストールされているかを確認しましょう。端末を開いてから以下のコマンドを実行してみてください。

> ruby -v

Rubyのバージョン情報が返ってきた人は、既にパソコンの中にRubyが入っています。Rubyがインストールされていないとエラーメッセージが返ってきます。インストールされていなかった時は、次へ進む前にインストールをおこなってからにしましょう。テキストエディタに以下のプログラムを書いてから保存します。

puts("Hello, Ruby!")  #=> Hello, Ruby!

ファイル名は「hello_ruby.rb」にしてください。その保存したファイルのある場所で以下のコマンドを実行してみてください。

> ruby hello_ruby.rb

実行した結果として"Hello, Ruby!"という文字が表示されたはずです。実行されていた場合には、プログラムを動かすことに成功しました。

"puts"とは端末へ結果を表示するメソッドです。「()」で囲んでいるところが端末へ表示をするために渡している値になります。この「()」で囲んでいる中の部分を引数と呼びます。この引数の"Hello, Ruby!"という値を囲んでいる「""」は文字列オブジェクトであることを表しています。引数を囲んでいる「""」は対応する記号で閉じるまで有効です。以下のような複数行にした時もプログラムは動きます。

puts("H
e
l
l
o!")

引数を囲んでいる「()」は省略することもできます。

拡張子が.rbのファイルはRubyのプログラムが書かれたファイルとして良く使われますが、必ずファイルの拡張子に.rbを利用しないといけないわけではありません。.rbはRubyのプログラムが書かれたファイルの代表的な拡張子というだけです。拡張子が.txtでもRubyのプログラムが書かれていればrubyコマンドで実行できます。

ファイルに保存することで同じプログラムを何度も再利用できます。大規模なプロジェクトで長期間プログラムを書く時などに向いています。次に以下のコマンドを実行してみてください。

> irb

このコマンドを実行すると、1行ずつRubyの実行結果を表示してくれるプロンプトが立ち上がります。この1行ごとに実行してプログラムの動作を確認する様子が、人と人が会話をしている様子に似ていることから対話型と呼ばれています。そのため、irbの名前は「対話型のRuby」の略語です。もしirbが立ち上がらない場合は、Rubyのインストールに失敗しているかもしれません。もう一度きちんとインストールができているか確認をしてから先へ進みましょう。irbはレッスンのサンプルコードのようなプログラムを確かめるのに向いています。開いているirbを閉じたい場合は、「exit」と打ち込んでから実行してください。

それでは立ち上がったプロンプトへ以下のプログラムを打ち込みます。

puts("Hello, Ruby!")  #=> Hello, Ruby!

実行した結果として"Hello, Ruby!"という文字が表示されたはずです。また、簡単に試したい時はirb以外にrubyコマンドへ-eオプションを付けてからRubyのプログラムを渡すと実行できます。

> ruby -e 'puts("Hello, Ruby!")'

実行したいプログラムごとに実行する方法を選びましょう。


次のコンテンツ ホームへ戻る