Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

モジュールとは

クラスはデータと手続きを表していましたが、モジュールは手続きの部分だけをまとめたものです。モジュールは以下のように定義することができます。

module <モジュール名>
  <モジュールの定義>
end

キーワードのmoduleを使うことによって、モジュールを定義できます。実際に定義した例が以下になります。

module Foo
  def foo
    puts("module foo")
  end
end

モジュールを定義することによって、クラスと同じように手続きをひとつにまとめました。クラスとモジュールには以下のような違いがあります。

  • モジュールはインスタンスを作ることができない
  • モジュールは継承ができない

クラスは継承をおこなうことでスーパークラスから機能を渡せました。
しかし、クラスの継承ではスーパークラスがひとつしか指定できません。
そのため、複数のスーパークラスを継承して新しいサブクラスを作れません。そのようなクラスに異なる機能を渡したい時にRubyではモジュールを使います。このさまざまな機能を混ぜ合わせるやり方のことをMix-inと呼びます。


次のコンテンツ ホームへ戻る