Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

配列オブジェクトの生成

配列オブジェクトを作成するには、以下のような方法があります。

  • []
  • Array.new
  • %w

このレッスンでは[]とArray.newについて説明します。[]を「,」で区切ることによって、区切ったところを要素とした配列オブジェクトを作れます。「,」で何も区切らない時は、空の配列オブジェクトが作られます。

p [1, 2, 3]  #=> [1, 2, 3]
p []         #=> []

newメソッドの引数は以下のように指定できます。

ary = Array.new(size = 0, val = nil)
p ary  #=> []
ary = Array.new
p ary  #=> []

第1引数のsizeは配列オブジェクトの要素数を指定します。第2引数のvalは各要素を初期化する値を指定できます。ただし、初期化する値はすべて同じオブジェクトへの参照になります。以下の例は同じ文字列オブジェクトを参照しています。

ary = Array.new(3, "Ruby")
p ary  #=> ["Ruby", "Ruby", "Ruby"]
p ary[0].equal?(ary[1])  #=> true
p ary[1].equal?(ary[2])  #=> true
p ary[0].equal?(ary[2])  #=> true

第2引数を省略した場合は、各要素にはnilが入ります。

p Array.new(3)        #=> [nil, nil, nil]


次のコンテンツ ホームへ戻る