Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

ディレクトリの操作

ディレクトリを扱いたい時はDirクラスを使います。たとえばカレントディレクトリのパスを知りたい時は以下のpwdメソッドを使います。カレントディレクトリまでのパスを文字列オブジェクトにして返します。

p Dir.pwd

Dirクラスのopenメソッドを使うことによって、引数に指定したパスのディレクトリを操作できます。

dir = Dir.open(Dir.pwd)
dir.path
pp Dir.instance_methods
require "pp"

これまで説明してきたクラスやモジュールは、ファイルやディレクトリの操作をおこなうことができます。

クラス名とモジュール名 機能で扱うもの
IO 標準入出力を扱うためのクラス
File ファイルを操作するためのクラス
Dir ディレクトリを操作するためのクラス
FileTest ファイルの属性を検査するためのメソッドをまとめたモジュール

他にもファイルやディレクトリなどを扱うのに便利なモジュールが用意されています。

モジュール名 ファイル名 機能で扱うもの
OpenURI open-uri.rb インターネット上のWebサイトにアクセスできるようにするモジュール
Find find.rb 指定したディレクトリ以下のファイルやディレクトリを操作するモジュール
Tempfile tempfile.rb テンポラリファイルを操作するためのモジュール
FileUtils fileutils.rb FileクラスよりもFileの操作をおこなえるモジュール

これらを扱うにはファイルをrequireでファイルを読み込んでください。


次のコンテンツ ホームへ戻る