Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

まとめ

  • メソッドとは
    • オブジェクトを操作する手続きのことをメソッドと呼びます。
  • メソッド呼出し
    • メソッドはメッセージを受け取ったオブジェクトが知っていれば実行します。
    • 「レシーバ.メソッド名」や「レシーバ::メソッド名」の形で呼べます。
  • 関数的メソッド
    • レシーバの指定を省略した形で呼び出します。
    • レシーバの指定を省略しますが、関数的メソッドもオブジェクトと関連付けられたメソッドです。
  • 名前付き引数のハッシュ
    • ハッシュオブジェクトを使うことによって、仮引数名を指定して引数へ値を渡すメソッド呼出しがおこなえます。
  • yield
    • ブロック付きメソッド呼出しをした時に、ブロックの中の処理を操作するのに使うことができます。
  • メソッドの別名
    • aliasを使うことによって、既に定義したメソッドに新しい名前を付けることができます。
  • 演算子メソッド
    • メソッドであることを意識せずに使っているメソッドがあります。


次のコンテンツ ホームへ戻る