Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

ハッシュオブジェクトの入れ子

ハッシュオブジェクトは値にオブジェクトを指定することができます。そのため、ハッシュオブジェクトもオブジェクトなので値に格納することができます。

hash = {:key1 => {:nest1 => "value1"}, :key2 => "value"}
p hash[:key1][:nest1]  #=> value1
hash[:key1][:nest2] = "value2"
p hash[:key1][:nest2]  #=> value2
p hash  #=> {:key1=>{:nest1=>"value1", :nest2=>"value2"}, :key2=>"value"}

同じように配列オブジェクトを値に指定することもできます。オブジェクトであれば、どのようなオブジェクトであっても格納することができます。

hash = {:key1 => [1, 2, 3], :key2 => [1, 2, 3]}
p hash[:key1][0]  #=> 1
p hash[:key2][2]  #=> 3
hash[:key1][5] = 5
p hash  #=> {:key1=>[1, 2, 3, nil, nil, 5], :key2=>[1, 2, 3]}


次のコンテンツ ホームへ戻る