Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby入門コース

このコースについて

Rubyのeラーニング研修システムはRailsを使ってWebアプリケーション開発ができる技術者の育成を目指します。 そのため、Railsを扱うことができるだけのRubyの知識を得ることがRuby入門コースの目標となっています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のコンテンツ ホームへ戻る

文字コード指定による動作の違い

Rubyで使えるメソッドの中には、文字コードによって動作を変えるものがあります。例えば、pメソッドは使用中の文字コードを解釈して、文字コードが扱っていない範囲の文字についてはエスケープします。そのため、以下のように出力結果が変わります。

# 端末の文字コードがUTF-8のとき

# -Kオプション無指定時
p "あいうえお"  #=> "\343\201\202\343\201\204\343\201\206\343\201\210\343\201\212"

# -Ku指定時
p "あいうえお"  #=> "あいうえお"

プログラムの動作で問題があったときは今回のレッスンで学習したように、プログラムテキストで使っている文字コードとRubyが解釈しようとしている文字コードが対応していないことが原因かもしれません。


次のコンテンツ ホームへ戻る