Rubyがミニツク

あなたのRubyの技術に関するより詳しい知識と理解を増やします。

Ruby on Rails入門コース

このコースについて

Ruby on Railsとは、Rubyによって作成されたWebアプリケーションフレームワークです。このコースでは、Ruby on RailsでWebアプリケーションを作成する際に必要となる基本的な知識を得ることを目的としています。Ruby on Railsのバージョンは2.3.8を想定しています。

コンテンツ一覧

ヒント レッスンの名前をクリックすると、その内容を表示します。

次のレッスン ホームへ戻る

Railsの規約

コンテンツ概要

Ruby on Railsの規約についての問題集です。Ruby on Railsは規約に沿ったプログラミングをすることによって、プログラミングで楽をすることができます。その規約の基本的な知識について学習します。

このドリルは10問の問題があります。


はじめる

問題

Railsで想定されるモデルのクラス名とデータベースのテーブル名の関係を表す組み合わせとして、正しいものを選んでください。

選択肢を選ぶ

(a) HolidayCalendarクラス holiday_calendarsテーブル

(d) HolidayCalendarクラス HOLIDAY_CALENDARテーブル

(c) holiday_calendarクラス HolidayCalendarsテーブル

(b) HolidayCalendarクラス holiday_calendarテーブル


次の問題へ進む

問題

ディレクトリ構造の規約において、RailsアプリケーションのDB接続設定や環境設定などの各種設定ファイルが格納されるディレクトリとして正しいものを選択してください。

選択肢を選ぶ

(b) config

(d) db

(c) lib

(a) script


次の問題へ進む

問題

Calendarsコントローラのresetアクションに該当するビューテンプレートを格納するファイルの名前とパスとして、正しいものを選んでください。

選択肢を選ぶ

(a) RAILS_ROOT/app/views/reset.html.erb

(c) RAILS_ROOT/app/controllers/calendar/views/reset.html.erb

(b) RAILS_ROOT/app/views/calendars/reset.html.erb

(d) RAILS_ROOT/app/views/calendars/reset.view


次の問題へ進む

問題

データベースのレコードの基本的な操作の中で、レコードの追加(Create)、レコードの検索と内容の取得(Read)、レコードの更新(Update)、レコードの削除(Delete)の頭文字を取ってCRUDと呼びます。以下のプログラムをCalendarモデルを用いたCRUD操作であると考えた場合、CRUDのどの操作に該当するでしょうか。

cal = Calendar.new(:name => "holidays")
p cal #=> #<Calendar id: nil, name: "holidays">
cal.save
p cal #=> #<Calendar id: 1, name: "holidays">

選択肢を選ぶ

(a) Delete

(c) Read

(d) Update

(b) Create


次の問題へ進む

問題

Railsのデフォルトのルーティング設定を前提とした上で、以下のコントローラ名、アクション名とidパラメータに解釈されるURLを選んでください。

コントローラ名: CalendarsController
アクション名: reset
idパラメータ: 1

選択肢を選ぶ

(b) /reset/calendars/1

(a) /calendars/1/reset

(c) /calendars/reset/1

(d) /calendars/reset?1


次の問題へ進む

問題

Scheduleというモデルに該当するコントローラのクラス名、そのクラスを格納するファイルのパスとファイル名として、もっとも適切な選択肢を選んでください。

選択肢を選ぶ

(a) SchedulesController RAILS_ROOT/app/controllers/schedules_controller.rb

(c) SchedulesController RAILS_ROOT/app/controllers/schedules.rb

(b) Schedules RAILS_ROOT/controllers/schedules_controller.rb

(d) Schedules_Controller RAILS_ROOT/app/schedules_controller.rb


次の問題へ進む

問題

ディレクトリ構造とファイルの命名の規約において、コントローラを格納するパスとファイル名として正しいものを以下の選択肢から選んでください。

選択肢を選ぶ

(b) app/helpers/calendar_helper.rb

(a) test/unit/calendar_test.rb

(c) app/models/calendar.rb

(d) app/controllers/calendars_controller.rb


次の問題へ進む

問題

デフォルトのルーティング設定を前提とした上で、以下のURLによって、CalendarsController#indexアクションが実行される場合、URL中の(A)に当て嵌まるものを選択肢から選んでください。

http://localhost:3000/(A)

選択肢を選ぶ

(b) index

(a) calendar

(d) calendars

(c) calendars/1


次の問題へ進む

問題

ディレクトリ構造とファイルの命名の規約において、ヘルパーを格納するパスとファイル名として正しいものを以下の選択肢から選んでください。

選択肢を選ぶ

(a) app/helpers/calendars_helper.rb

(d) app/models/calendar.rb

(b) app/controllers/calendars_controller_test.rb

(c) app/views/calendars/index.html.erb


次の問題へ進む

問題

config/environment.rbで指定されている、Railsアプリケーションで使用するRailsのバージョンを記録している定数を選択してください。

選択肢を選ぶ

(d) RAILS_ENV

(c) RAILS_GEM_VERSION

(a) RAILS_ROOT

(b) RAILS_CACHE


次のレッスン ホームへ戻る